低血糖サブ4ランナーのサブ3挑戦記

考えて食べて、考えて走る

今シーズンラストのフルマラソン(前編)。

まず始めに。


改めて応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。


当日までNさんペーサーの元、カナ先生が時々ロングジョグがてら檄を飛ばしてくれる感じかと思ってたのですが、蓋を開けてみてびっくり。


まさかの大応援団よ。
みんなに会えてマジで力湧きました。


そしてNさん。


東京チャレンジマラソンでの激走(2時間45分)からわずか2週間しか経ってないのに、僕のペーサーするために草レースにエントリーし、この日に向けて調整までしてくださりました。


気づけば2019年度から大会、練習会、ラン仲間同士の集いで1番と言っていいほど、ご一緒させていただく機会が多かった気がする。


レースとかでは必ずNさんが先に現地にいらっしゃって、いつも引き寄せられるように隣に陣取って話しかけてたw


何かめちゃくちゃ落ち着くんよねw
勝手に兄のように慕っておりまする。


いつも本当にありがとうございます。


さて、今回は2部構成でのお届けとなります。


***


当日は5:30起き。
過去最高のスッキリとした目覚め。


それもそのはず。
朝に超絶弱かったものの、この日の為に2週間かけて朝型に変えてきましたから。


30年の人生の中で初めての試み。


前日に準備は済ませてあったので、朝食だけ摂ってから現地入り。


受付開始の8:30頃に会場到着しましたが、やっぱりNさんはもういらっしゃって、更には名古屋からえいさん、荒川仲間のzunzumanさんまで!


…ここ、鶴見川だよね?


挨拶を交わしているところへ横から黄色い声。
…確か黄色かったはず。


「Highちゃーん!」


事前にご連絡いただいてた通り、さすがカナ先生もお早い到着。
…あれ、カナ先生だけじゃない?


何と、おーさん、とし姉、トマスさんも駆けつけてくれました…!


…ここ、鶴見川だよね?


一緒に新横浜公園から走ってきたとのこと。


折角なので記念撮影。
f:id:short-cut-to-runners-high:20210406214014j:plain


そして私とカナ先生と言えば忘れちゃいけない気合い注入ぅぅぅううう!!!
f:id:short-cut-to-runners-high:20210406204813j:plain


みんな激励の言葉をくれたけど、
果たして自分が完走できるかということをしきりと心配される。


まぁ、確かにRyoくんと共にぶっ込みのイメージがついてたり、フルマラソンを歩かず完走できたのは一回だけだったり。


それに11月末のサブスリーチャレンジから何かと辞めがちでしたからね。


カナ先生は喜んで激沈上等Tシャツ着て来るし。


まっさんは完走祈願で前日に50kmの応援ランをしだすし。
f:id:short-cut-to-runners-high:20210406205434j:plain


おいやんさんもSTRAVAで予言しだすしw
f:id:short-cut-to-runners-high:20210407083623j:plain


何より、
自分自身が完走できるか不安だったw


***


準備をしてるとまた見慣れた顔がこちらに近づいてくる。


何と千葉からこれまで一緒にキツい練習もこなしてきたライバル、バリオスさん
f:id:short-cut-to-runners-high:20210406205802j:plain


…ここ、鶴見川だよね?


元から応援する為に来る予定で、ついでだから10kmの部にエントリーしたんだ、と。
普通は逆じゃないでしょうか?w


そうこうするうちにスタート時間が近づいてきて、
まるで荒川でこれから走るようなホーム感でスタートラインに立つ。


鶴見川にしては奇跡的に風が弱い。
でも気温は18.9度。


さぁ、今回はどんなドラマが待ち受けてるのかな。


後編へつづく。

【遅報】スポーツメイトラン フルマラソンの部

昨日は今シーズンラストのフルマラソンを完走してきました!


f:id:short-cut-to-runners-high:20210404064259j:plain
結果: 3:08:21


PBを5分弱更新です!


体調崩してから2週間という突貫工事かつ暑いコンディションの中、完走できたのは駆け付けてくれた大応援団、そして何より神ペーサーのNさんのおかげです。


わざわざペーサーをしてくださる為だけにエントリー費まで払い、途中で大転倒して血塗れになっても最後まで引っ張り続けるという男気を魅せて下さりました。
カッコ良すぎるぜ、Nさん!!


ラン仲間って最高かよ!!
f:id:short-cut-to-runners-high:20210404064545j:plain


バリオスさんも千葉からわざわざ応援の為に来てくださり、10kmエントリーして爆走からの1位でしたw
f:id:short-cut-to-runners-high:20210404064605j:plain


あと写真は撮れなかったけど、応援してくれ、一緒に走ってくれた仲間が他にも!


詳細はまたブログにて。


最高のシーズン締め括りだったな。
皆さん、本当にありがとうございました!
f:id:short-cut-to-runners-high:20210404064917j:plain

このままでは終われない。

昨日は東京チャレンジマラソンでした。


応援側でしたが、久し振りのレースの雰囲気を存分に満喫しました。


仲間にも久し振りに会えて最高だった。

f:id:short-cut-to-runners-high:20210321161300j:plain
©︎まっさんスポーツ


…けど、このままじゃ今シーズン終えられない。


タイムはさておき、フルマラソン完走して終えたい。


というわけで。


4/3(土)の第34回スポーツメイトラン新横浜鶴見川ラソン大会にエントリーしました。


コースはお馴染みのよこはま月例の片道5kmコースかな?

f:id:short-cut-to-runners-high:20210321163619j:plain
https://up-run.jp/events/mate-shinyokohama34/


>Nさん: ご予定合えばぜひペーサーをお願いしたいです!
>のち爺: リベンジいかがっすか?


***


扁桃炎もやっと完治したので、13日振りに走ってみた。
f:id:short-cut-to-runners-high:20210321163211j:plain


これで全力。


ハーフ走ろうと思って走り出すも、2週間前のハーフTTより15"/km遅いのに序盤から心拍190超えという爆上がりぶり。


10kmで脚が完全に終わり、2km弱粘ったけどそこで完全に動かなくなった。


そして1日明けた今の状況。


脚全体が激しい筋肉痛w
30km走翌日より酷いんだがw


階段の上り降りがなかなか辛いぜ、、


この状況からあと2週間でどこまで戻せるか楽しみだな。


やったるぜー!

遠すぎるスタートライン。

3/20(土)は東京チャレンジマラソン
そこでサブスリーすべく、どんどん調子を上げていた。


2/28(日) OTT 5000m(17'33")+クロカン(6.4km)
3/1(月) 150分ロングジョグ(28.6km)

3/2(火) ランオフ
3/3(水) 5km閾値走(19'39")+アップ&ダウン(11.7km)
3/4(木) 60分ジョグ(11.2km)
3/5(金) 50分ジョグ(10km)
3/6(土) UP RUNハーフ 5kmでDNF
3/7(日) ぼっちハーフTT 1:22:31(3'54"/km)
週間走行距離100km


仕事の激務もあり、土曜日のハーフは疲れが残ってて全くダメだったけど、日曜日のリベンジではまさかの大幅PB更新。
サブスリーに向けて期待が高まった。


***


本番2週間前となる3/8週は疲労抜きの為に負荷を落とす予定だった。
もちろんぼっちハーフの翌日はランオフ。


3/9(火)は久し振りに用も会って出社。
前日の夜から帰宅ランの準備をせっせと済ませて就寝。


翌朝。


ほんのり喉に違和感。


この時は全く気にする程でもなく、仕事を終える頃も少し違和感が強くなったかな?程度だった。


大事を取って帰宅ランは辞め、電車で帰宅。


そして夜中になって38.0℃の発熱。


薄々勘づいてたけど、病院にて一発で扁桃炎との診断結果。


あれだけ気をつけてたのにもはや持病と言っても過言ではないこの扁桃炎。
年に2, 3回患ってたこの病気もここ3年は罹ってなかったのに、、


3/10(水)〜3/13(土)まで4日間連続で39℃を超え、今日ようやく38℃を超えないようになってきたところ。


39.8℃を2回も叩き出した時はちょっとタンザニアマラリアに罹った時を思い出したわ。
いや、マラリアは治療薬もあるし、3日で完治するからまだマシか。


発熱に関して言えばあと2日あれば平熱には戻ると思う。


でも、いまの患部の状況を見ると、原因となってる扁桃腺の腫れおよび膿が完全になくなって走れるようになるまではあと3日〜5日はかかる。


***


去年11月のサブスリーチャレンジのように脚が痛くて2週間走れなかったとかであれば、筋トレやらバイクでいくらでも心肺を鍛えることができたのに。


なんでよりによって体調不良なんだ。


これだけの練習ならこなせると過信していた自分が如何に愚かだったか。


完治したとしても体力の著しい低下は避けられない。
健康な人がただ2週間走るのを辞めるのとはわけが違うから。


何よりコロナではなかったとしても、この御時世で大会直前に高熱出してたヤツが出走するってのもどうかと思うしね。


というわけで今シーズンのサブスリーチャレンジは残念ながら見送り。


あぁ、いつになったらスタートラインに立てるのだろうか。

OTTゴセンと1, 2月の振り返り

とりあえずタイトルの頭に【小出式】ってつけるの辞めます。もはや小出式じゃないし。


さて、結論?から申しますと、
昨日OTT(オトナのタイムトライアル)にて5000mを走ってきました。


私「今週末レースなんだよねー」
妻「なんて大会?」
私「オトナのタイムトライアル(キメ顔)」
妻「何それ!何かヤラしい!(嬉しそう)」


ランナーじゃ無い人からすると何かヤラしい大会みたいに聞こえるよね。


実際ヤラしいし(嘘)。
志村さんちのミキちゃんが見たかった、、
可愛過ぎやろ。


はい、話が脱線しましたが、
結果はこちらん。
f:id:short-cut-to-runners-high:20210301125628j:plain


タイム: 17:33.64


レースでのPBは2年前のエドリクナイターで出した19'54"。
https://short-cut-to-runners-high.hatenablog.com/entry/2019/06/20/002436


つまり約2分半のPB更新ぜよ。


目標18分切りとしていた中で最高の結果です!
マンモスうれぴー!


***


昨年11月末から結構なペース設定で週末30km走を続けてきて、1月初旬からパタリと走れなくなりました。


自分でも気づかず見えない疲労が溜まってたみたいで、走る気力すらもなくなりました。


それでも自分に鞭打ってポイント練をやるも、4'30"/kmまでしか出せなかったり、1, 2km走って辞めたり。
じゃあEペースジョグってなっても3kmで息が切れたり。


頑張れば頑張るほど空回りだし、気持ちがどんどん沈んでいく。


とりあえずジョグで繋ぎつつ、1月末から少しずつポイント練習もこなせるように。
f:id:short-cut-to-runners-high:20210301130626j:plain


***


2月からはEペースの上限ペースでのジョグを基本としつつ、ポイント練習は全部出し切らないことを意識するように。


例えばクソ早いペース走とかロング走はやらない。
そもそもトラウマになっててやる気が起きない。


自分で確実にこなせそうな範囲、あるいはそこまで設定に重きを置かず、体感重視のペースでこなした。


あとメニューもできるだけ固定せず、テーマだけ同じで組み立てて練習した。


例えばこんなテーマ。
(赤字はポイント練習日)
月: 疲労抜き
火: 動き作り、心肺&脚力強化
水: 乳酸性閾値の向上
木: 疲労抜き
金: 動き作り、心肺&脚力強化
土: スピード持久力強化
日: 体力強化


これ通りにはなかなか行かないけど、あくまでイメージとしてこういうバランスを意識してました。


ポイント練習の具体例としては、
閾値(3'55"/km)で5, 6km
・レースペース(4'15"/km)で15〜20km
・120分走(5'00"/km〜6'00"/km)
※120分走は前日のペース走とのセット練習
みたいな感じとか。


過去の練習内容からするとだいぶ強度落としてたから、こんなんで成長してるのか不安で不安で、、


堪らずOTT4日前に久しぶりのセンバルでどれくらい走れるか確かめた。
ヴェイパーも2ヶ月以上振りに投入。


結果丼。
f:id:short-cut-to-runners-high:20210301133526j:plain


レスト200mを90秒以内で回しながら平均すると3'30"くらいで6本走れた。
これは過去最高の結果。
成長していたことに感無量。


あとはジョグで繋いでOTTって感じの2月。
f:id:short-cut-to-runners-high:20210301134044j:plain


***


3月はいよいよ東京チャレンジマラソン
今年最後のフルマラソン


今年度の最大目標はサブスリー


ダニエルズ爺のVDOT的にはサブエガ狙えって話らしいけど、マジでサブスリーがムズいんよなぁ。
f:id:short-cut-to-runners-high:20210301134255j:plain


ま、やるだけのことはやってきたので。


がんばんべ。

【小出式No.16】次の挑戦に向けて。


「なぜ、サブスリー挑戦に失敗したのか?」


よくある指標で振り返ってみるとこんな感じ。


<走行距離>
7月: 313.8km
8月: 315.9km
9月: 336.0km
10月: 312.3km
11月: 268.8km


<各種PB>
5km: 18'13"(3'38"/km) 2020/10
10km: 37'43"(3'46"/km) 2020/11
20km: 1°19'52"(4'00"/km) 2020/11
※20kmはTTではなくペース走。余裕あり。


ダニエルズ爺のVDOTチャートに突っ込んでみればサブ55できるような返事が返ってくる。


実際のところ、4'15"/kmは楽に走れるペースだった。


でもこんなん全て関係ねぇ。


本番では突如として4'15"/kmペースが楽じゃなくなる。悪夢かw


いや、思い当たる節はある。


原因は二つ。
①調整ミス
②ロング走不足


①に関していえば、
確かに右脹脛(ふくらはぎ)を痛めてしまった影響で11月頭から2週間走れなくなったというのは大きい。


だとしても。
復調してから一気に調整メニューに戻したのは良くなかった。


結局、本番で疲労が残ってたのかも。
少しずつ戻していくべきだったかな、と。


②のロング走不足は皆々様から口を酸っぱくして言われている助言をいただいているところでして。


振り返ってみれば、
8月から30km以上走ったのは計4回。


これくらいやれば十分という人もいるかもだけど、自分みたいにスピードタイプでロングが苦手な人間からすれば全くと言っていいほど足りてない。


となると結論は非常にシンプル。


◼︎怪我しない
◼︎ロング走やる


具体策に落とし込むと、

1. ポイント練習を変更
【回数】
3回/週→2回/週
【内容】
「スピード持久力」×「スピード」×「ロング」
→「スピード持久力」×「ロング」
※スピ練をなくしてロング走に重きをおく。

2. ロング走のペース変更
・Eペース→Mペース

3. ジョグを長めに変更
・40分→60分以上


そんな感じで順調?に12月は走れました。
f:id:short-cut-to-runners-high:20210109170928j:plain


とりあえず1/31に予定していた東京チャレンジマラソンは3/20に延期になったので、焦らずゆっくり積み上げていくかね。


がんばんべ。

【小出式No.15】Target Date後編

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
(よし、今年の挨拶はだいぶ早いぞ)


今年の箱根駅伝の感動といったら。
まさか母校が準優勝するとは。


「2位で悔しいと思えるチームになった」


森アナの実況震えたね。


最後の小野寺選手の走りに涙腺崩壊。
計り知れないプレッシャーの中、よく頑張ったよ。涙


彼を攻める輩がいたら俺が許さんって思ってたら彼の「ごめんなさい」ツイートに激励の嵐。
おじさんほっこりしたよ。


来年の勝ちの因を作っただけ。
君が来年の主役だ!


と、同時に駒澤大学
優勝おめでとうございます!


ラストの石川選手の走りが素晴らしすぎた!
去年、同じく10区で悔しい想いをしたとのこと。


今年一年、その悔しさを胸に戦ってきたからこその走りだったのかと思うとこれまた涙が、、


どの大学、選手、マネージャーにもドラマがあって最高の二日間だったな。


もはや来年が待ち遠しい。


このやりようもない気持ちをソッコーで走りにぶつけてみた。

f:id:short-cut-to-runners-high:20210106180322j:plain
初の無補給無給水30Kチャレンジ。


***


だいぶ前置きが長くなりましたが。


前回のつづき。


11/29(日)のサブスリー挑戦期記
後半編となります


***


ハーフあたりから息切れ。


23km過ぎてペースまで落ち出す始末。
とし姉、junjiさんとも少しずつ距離が空く。


「もう駄目だ」


本気で辞めようと思ったその時。


周回ポイントですかさずpetaさんが前に入り、引っ張ってくださった。
f:id:short-cut-to-runners-high:20210107124620j:plain


petaさんは腸脛靭帯炎からやっと良くなりかけたところなので決して無理はできない。
それでも仲間の為と給水から応援、ペーサーまで縦横無尽の活躍。


「まだいける!このペースで大丈夫だから!まずはしっかり回復させよう!」


力強い御言葉をいただく。


GARMINを見ると4'30"/kmまで落ちてる。
「これで少しは楽になってくれ、、」


そんな願いに反して呼吸は全く戻ってこない。
どんどんと苦しさは増すばかり。


***


26〜30km
4'30", 4'32", 4'37", 4'34" 4'25"


周回ポイントに戻り、petaさんからトマスさんへとペーサーが引き継がれる。


まさかこの背中をここで見ることになるとは。


ホントなら35km過ぎの苦しい場面で登場していただく予定だった。


不甲斐ない。


一瞬一瞬、必死でついていくけど、
いよいよ体が言うことを聞かなくなってきた。


いっそEペースくらいまで落とせば最後まで走れたかもしれない。
でもそうするのは耐えられなかった。


「30kmまででお願いします」


トマスさんにそう告げ、自分で幕を下ろした。
f:id:short-cut-to-runners-high:20201225113958j:plain


***


立ち止まった瞬間、サブ50を目指すNさんがおいやんさんペーサーの元、颯爽と駆け抜けていった。


後から聞くとキロ4は余裕があり、30kmからペースを上げていったとのこと。
これを可能にしたのはNさんの想像を絶する努力によるもの。


最後は皆でNさんを応援し、目標達成の瞬間を喜び合った。
f:id:short-cut-to-runners-high:20210107124326j:plain


Nさんがこの日にむけて誰よりもひたむきに努力してきたのを知ってたから、みんな心の底から感動した。


ペーサーおいやんさんとの2人のカタい握手には胸がアツくなった。
(最高のシャッターチャンスだったのに目頭抑えてたわ、、(ウソ))


***


少し落ち着いてからjunjiさんとダウンジョグ。


30kmしか走ってないのにたった4km程度のダウンジョグすらキツい。


サブスリーできなかった悔しさよりも、「何で?」って想いが心の内を占める。


自分の体に起こったことが理解できず、全てを出し切れなかった不甲斐なさで気持ちの整理がつかない。


でもそんなモヤモヤよりも、Nさんの目標達成が嬉しくて。
そのあとは何だか楽しい気持ちで満たされてたな。


ヨガで気持ちを落ち着かせられたことも影響してるかもしれない。
f:id:short-cut-to-runners-high:20210107125001j:plain


N氏の乾杯はもはや感動しすぎて何を言ってたか覚えてないくらい。
f:id:short-cut-to-runners-high:20210107125254j:plain


トマス氏お手製の焼豚&卵も五臓六腑に染み渡った。
f:id:short-cut-to-runners-high:20210107123903j:plain


***


サブスリー挑戦は失敗に終わったけど、いまは気持ち切り替えて次に向かってる。


1/31(日)の東京チャレンジマラソンで次なるサブスリー挑戦!と思ってたけど、緊急事態宣言の発令でほぼ中止になりそう。


どこで挑戦できるかわからないけど、刀だけは研ぎ続けようと思う。


サブスリー達成に向け、挑戦はつづく。